食事系のダイエットが続かない理由とは。

ダイエットをしたいのに続かない…という人は多いのではないでしょうか。
その理由の一つは、何かを我慢したり、したくないことをしたりしているからというものがあげられるでしょう。
ダイエットといえば運動系のダイエットと食事系のダイエットがあげられますが、特に食事系のダイエットで言えることです。
食事系のダイエットと聞いて浮かぶのが、炭水化物を抜くダイエットだったり、一食減らすダイエットだったりしませんか。
しかしどちらも、何かを我慢しているダイエットであるため、なかなか続かないのです。
欲に負けて食べてしまうことはあるでしょうし、成功したとしても、我慢していたストレスでリバウンドしてしまいます。
そこで私がおすすめするのが、お腹を膨らませるダイエットなのです。

炭酸水を飲みましょう。

お腹を膨らませることで、自然と食べる量を減らすことができるのです。
その方法の一つが炭酸水を飲むことです。
炭酸水はお腹を膨らませる効果があります。
おすすめは食事の前に飲むことです。
炭酸水は苦いなどのまずい要素はなく、多くの人が苦も無く飲める飲み物でしょう。
食事の前に少し飲むだけでダイエットになるのであれば、喜んで飲めるのではないでしょうか。

食事は野菜から。

食事の際に大切なのが、食べる順番です。
身体の肉とならない野菜類から食べるようにしましょう。
できる限り肉にならないものでお腹を膨らませるのです。
仮に野菜が嫌いでも、食卓に並んでいてどちらにせよ食べなければならないのであれば、先に食べても後に食べても同じですよね。
順番一つでダイエットになるのですから、試してみる価値はあると思いますよ。

食事はゆっくり食べましょう。

脳がお腹に食べ物が入ったことを感じるまでに、20分はかかると言います。
つまり、本当は満腹なのに脳がそれを感じなければ食べすぎてしまうということです。
そこで、20分かけてゆっくり食べることで食べすぎを防ぐことができます。
その方法として、一口30回は噛むようにするというものがあげられます。
一口最低30回は噛むことで、ゆっくり食べられて、気が付くと満腹を感じられるのです。

自然と食べる量が減ります。

実際にこれらの方法を始めた私は、いつも必ずしていたおかわりをしなくなりました。
しかしそれは、ダイエットしないと…という気持ちからではなく、自然とお腹がいっぱいでおかわりをする気持ちがでてこなかったのです。
お腹を膨らませるダイエットは、食べたいものをしっかり食べられるため、ストレスも感じません。
自然と食べる量が減って、自然と体重を落とすことができて、とてもおすすめのダイエット方法です。
ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation